So-net無料ブログ作成

感動を求めてイヤホンを視聴~残念な耳。残念な感性。~ [初心者のDTM・音楽]

先日のブログでも書いたように「音楽で。イヤホンで。感動してみたい」ということで
感動できるイヤホンを求めて「eイヤホン 秋葉原店」さんに行ってきた。

スポンサードリンク





目星をつけていったのは以下、
AKG 「K3003」
AKG 「N40」
SHURE 「SE846」
Campfire Audio 「ANDROMEDA」

展示されているイヤホンの数と、お客さんの数に圧倒されながらも、試聴させてもらう。
比較対象は手持ちの、SONY 「XBA-N3」

ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



結論を先に言ってしまうと、

特に感動はなかったなぁ(´・ω・`)

以下にそれぞれに対する印象を。
AKG K3003

AKG カナル型イヤホン リファレンスクラス K3003 【国内正規品】

AKG カナル型イヤホン リファレンスクラス K3003 【国内正規品】

  • 出版社/メーカー: AKG
  • メディア: エレクトロニクス


確かによく言われるように「上品な美音」なんだと思うが・・・
パワー不足。特に低音はパワー不足で心揺さぶられるものがなかった。
デザインはシンプルながらも高級感があって一番好き。

【追記】4/9
もう一度聴いてみた。結果上記評価はニュアンス的に何かK3003の良さを
伝えきれていないので追記。
確かに「ズーン」「ドーン」という低音を聴くのであれば他にいいイヤホンがあるとおもうが
中高音の1つ1つの音を表現する繊細さはすごいと思う。
イヤホンの左右、どちらから音が出るのかが非常にはっきりしている点も個人的には好き。



AKG N40



音に関しては特に何も感想なし。単純に手持ちのXBA-N3のほうが
音のクリアさ、それでいてきちんとうなる重低音のバランスが良くて優秀と思う。
あと、質感がチープ。所有欲が満たされない。


SHURE SE846



前評判通り、フィット感は非常にgood!
でも音は特にXBA-N3より秀でたところがあるとも思えず。。。


Campfire Audio 「ANDROMEDA」

Campfire Audio ANDROMEDA CAM-4808

Campfire Audio ANDROMEDA CAM-4808

  • 出版社/メーカー: Campfire Audio
  • メディア: エレクトロニクス


今回の中で一番「おっ」と思ったのがこの「Andromeda」
確かにクリアそれでいてインピーダンスの低さによるボリュームのせいもあってか
非常にパワフル。
パワフルでクリアで低音もきちんと響く。ゆえに今回のNo.1は間違いなくこいつ!
※さらに上位?の「VEGA」も聴いてみたがまったく良さがわからず。

が、XBA-N3と比較して約+100,000円(約140,000円)
その価格的差に見合う性能差があるかと言われるととてもそれはあるようには思えず。

「こいつだ!明らかに今よりも音楽が楽しくなる!!!」と思えれば
この価格でも買ってもよいと思っていたが、そこまでの違い、価値は見いだせず。

結局のところ私は、そのちょっとした、でも人によっては非常に大きい違いに
100,000円の価値を見出せる耳と感性は持ち合わせていないようだ。

スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0