So-net無料ブログ作成

【レビュー】HDSSの真価とは?アクセス「AH-HD98」~4,000円~6,000円帯のイヤホンと比較~ [イヤホン レビュー]

たまたま見つけたイヤホン。
アクセスの「AH-HD98」。なんでも「HDSS(ETL技術)」という特許技術を
使っているんだそうな。
なんかどんなもんか試してみたくなるではないですか。

そんなお話。

スポンサードリンク





クラウドファンディングを利用して世に出てきたイヤホン。
アメリカのなんとかって企業が開発した「HDSS(ETL技術)」という特許技術が
利用されているんだとか。
「HDSS」を通すことで原音に忠実な音に復元されるらしい。
キャッチコピーは

「驚くほどにクリアーで、クセになるほどの臨場感」

では、まずは開封から。

パッケージ表面。ゴールドとブルーがあります。
IMG_0059.JPG

裏には「HDSS」についての簡単な説明が。
IMG_0060.JPG

オープン。
IMG_0061.JPG

付属品はイヤーピースに袋、そしてHDSSに関するより詳細な解説書。
IMG_0062.JPG

ちょっとボケてしまったわ。
IMG_0063.JPG

ステムは結構太目で、プラスチック製。
IMG_0064.JPG

このマーク、「JAXA」に見えてしまうのは私だけ?
IMG_0065.JPG

■音質
第一印象は、極めて普通。
特段・・・取り上げることも見つからない・・・

■装着感
これも極めて普通。
でも正直、音質に関しては正直ネガティブな意味で「普通」=「ちょっとがっかり」だったが、
装着感に関してはポジティブに「普通」。
取り立てて良いとまでは言わないが、「普通」に耳に収まり、いつも安定して定位置に居てくれる。

う~む・・・なんか薄い。内容が・・・・
っていうかせっかくだからこの特許技術の何たるかを少しは感じてみたい。

と、いうことで、似たような価格帯(約4,000円~6,000円)の手持ちのイヤホンと
改めて聴き比べをしてみることにした。
(あまりにも価格差があるイヤホンには・・・勝てないと悟った・・・)

比較してみるのは下記3種類。

最近のking of コスパ?
私のイヤホンスパイラルはこいつから始まった。

ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

  • 出版社/メーカー: ZERO AUDIO
  • メディア: エレクトロニクス



eイヤホンさん監修!4,000円でリケーブル可!ハイブリッドドライバー構成!
の、こちらもハイコストパフォーマンスモデル!




今回の主役!HDSS技術の真価とは!?

アクセス AXES HDSS イヤフォン AH-HD98 BL ブルー

アクセス AXES HDSS イヤフォン AH-HD98 BL ブルー

  • 出版社/メーカー: AXES
  • メディア: エレクトロニクス








うーむ。なるほど。
では、早速ランキング形式で結果を!

第1位!!!!!!!!!!!

アクセス AXES HDSS イヤフォン AH-HD98 BL ブルー

アクセス AXES HDSS イヤフォン AH-HD98 BL ブルー

  • 出版社/メーカー: AXES
  • メディア: エレクトロニクス


正直、4万、5万のイヤホンと比べるとさすがに太刀打ちが難しい。
が、こうして同価格帯で比較すると、優位性あり。
キャッチコピーである「驚くほどクリアー」かは・・・?
が、ボーカルの声は最も聴きとりやすい。俗にいう「ボーカルが前に出てくる」という状況。

帯域別では低音~高音まで満遍なくという感じかなという印象。
実際にいつもの課題曲でいつものようにグラフ化してみると・・・
hdss.png
※Perfume「TOKYO GIRL」1番のみ。各周波数のMAX値。平均値。

ほかのイヤホンと比べて周波数帯による偏りが極めて少ない。
上記比較対象の2機種以外のイヤホンと比較しても。
ex1)ZERO AUDIO「white tenore」
whitetenore.png

ex2)SONY「XBA-N3」
xba-n3.png


もちろん曲によってはもっと極端なグラフにもなるだろうが、この偏りのなさが
「HDSS」の真骨頂??
この偏りのなさが臨場感やボーカルの聴こえやすさにつながるのかな??


第2位!!!!!



曲によってわずかにボーカルが後ろに下がる=埋もれる傾向になる。
あとは音の粒度が粗い。「AH-HD98」のほうが「丁寧な音」という印象。
ただし抜け感はこちらのほうに分があり。


第3位!!!

ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

  • 出版社/メーカー: ZERO AUDIO
  • メディア: エレクトロニクス


中高音寄りであるとは思うのだが、その中高音の線が細く、埋もれる傾向が強い。
結果、前に出てきてほしい中高音(例えばボーカル)が埋もれてしまうことが
相対的に多い。
世間的にも評判のいいイヤホンだし、間違いないんだろうが、
まあさすがに複数の数のイヤホン(しかも基本的にはどれも高評価)と比較されると
やはり分が悪い戦いも多くなるか。


と、言うことで、この「AH-HD98」に関するレビュー&評価としては、

さすがに価格帯の違いすぎるイヤホンとは戦えない。
しかし同価格帯で比較したときには優秀。

となりましたm(__)m
「5,000円前後でいいやつを」という場面では候補に入れてもいいかと!

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0