So-net無料ブログ作成
検索選択

【レビュー】今更のNuForce「Primo8」~こいつは素直?わがまま?~ [初心者のDTM・音楽]

今更ながらNuForce「Primo8」を購入したのでレビュー。

スポンサードリンク





何が良くてこれを買ったって・・・「見た目」です。

nu force Primo8

nu force Primo8

  • 出版社/メーカー: NuForce
  • メディア: エレクトロニクス


NuForceはHEMシリーズを聴いて、なんとなく音の傾向はわかっていたつもりで、
私には・・・こもりすぎ、音の輪郭描写が足りないということで(あくまで私には)、
あまり音には期待していなかったのだが、とにかく見た目が好きなので買ってみた。


DSC_1979-864x1536.JPGDSC_1980-864x1536.JPG

箱の中身
DSC_1981-864x1536.JPG

おーぷーーーん
DSC_1982-1536x864.JPG

なんか色々入っている紙類
DSC_1983-864x1536.JPG

箱に戻ります。オリジナルのクリーニングクロスあり
DSC_1984-1536x864.JPG

本体登場!
DSC_1985-864x1536.JPG

本体の下にはその他付属品たち。
どことは言わないが某noble audioと比べたら随分とゆったり収められていますw
DSC_1986-1536x864.JPG
【参考】某noble audio↓
IMG_0047.JPG

これこれ!この色!この形!このデザイン!
DSC_1987-1536x864.JPG

初めてのNuForce「HEM1」でステムの細さにビビったが、
それよりは一回り太いステム
DSC_1988-864x1536.JPG

■音質
一言でいうと「不思議」
不思議ポイントその1
 →プレイヤーによって音が全然違う。いや、そりゃ当たり前なんだが、ほかのイヤホンでは
  感じないほど、明確に音が違う。
  私の場合は「ほうほうこんなんね」と最初聴いていて・・・プレイヤーを替えてみてみて・・・
  「うおっ!!!なんだこの音!!!!!」と衝撃を受けた。悪い意味で。
  悪くも転ぶんだから良く転ぶ組み合わせ・環境もあるだろうと冒険心燃え上がる。
不思議ポイントその2
 →目の前に広がる(と表現すればいいのか?)音の「割合」が他イヤホンとは異なる。
  ボーカルがある音楽でそれが良くわかる。
  下図のように、他イヤホンでボーカルがセンターに聴こえて・・・その後ろや脇に楽器類が
  あって・・・というイメージ(図左)と比較すると、明らかにボーカルが真ん前を陣取る
  割合が大きい。
primo8.png

総じて言ってしまうと、音としては「一つ一つの音の響き」が大きすぎて、
輪郭がぼやけ気味≒こもっている。
がここも不思議ポイントだが、この音の響きの大きさは・・・またまたボーカルで顕著に聴こえる。
後ろやら脇で鳴っている楽器類はそうでもない気がする・・・

全体的にボケて聴こえるが、音の分離としては悪くない。
音の輪郭がボケて聴こえるので分離も一瞬不明瞭に聴こえるかもしれないが、
何気にそこは悪くないとおもふ。
ここは「リニアフェーズクロスオーバー」なる特許技術(?)のなせる業か。

■装着感
これはHEM1同様に悪くない。
が、このshure掛けするケーブルは・・・好きになれない。
どうにも耳にフィットしない。この針金部分が強情で・・・
もっとすんなりくねんくねん曲がってほしい。

■その他
大切に扱わないと・・・このハウジングの凸凹形状は、
その形状ゆえにすぐに塗装がはがれそうだ。

とりあえず現状、音的にはNo.1には正直なりえないが、
先にも書いたようにこいつ不思議です。素直なのかわがままなのかわからないが、
プレイヤー替えたら全然違う音を鳴らしたり・・・不思議ちゃんです。

でもそのおかげで、「こいつを飼いならしてみたい」願望が芽生えております。
デザインは大好きなので、音質の面でも飼いならせたら・・・最高だな。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: