So-net無料ブログ作成

家庭内NAS構築~WinでもMacでも4G以上のファイルや3T以上のHDDを扱いたい~ [IT・PC]

我が家にはwindowsとMacがある。
ほとんどWindowsしかつかっていないけれど、
一応Macも使う。

大きなファイル等は外付けHDDに保存しているが、
当然WindowsでもMacでもそれらファイルは扱いたい。

しかも当然に、今回はWindowsだからWindowsにUSB挿して・・・
今回はMacだからMacにUSB挿して・・・

とか当然面倒になってくる。
そんな面倒な事態を解決しようという試みについて。
そんなお話。

スポンサードリンク





ファイルはWindowsとMac、どちらでも扱いたい

HDDのフォーマットはFAT系になる

今時動画とか平気で4Gなんて超えるでしょ?
例えば沖縄の美ら海水族館にいった際にスマホのカメラで撮影した、
入り口から出口までただただ動画を撮ったものでも5.3G。
つまりフォーマットは1ファイル4G以上を扱えるexFATになる。

じゃあこれでwifiルーターのUSBポートに挿して簡易的な
家庭内ファイルサーバーになるか?
ならない。なぜかwifiルーターはFAT32は許容してもexFATは許容しない。

じゃあフォーマットはFAT32にしよう。

4G以上のファイルは扱えない



はい。お手上げです。私の脳みそではどうにもなりません。

と、思っていたら、「NAS」なるものを構築すれば、
上記のような問題を解決できるんだそうな。
※3T以上の大容量HDDも扱える

なんか大事な気がしたけど、意外と安い。
ので、買ってみた。


Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

  • 出版社/メーカー: Synology
  • メディア: Personal Computers



NASを構築するにあたっては、もう出来合いで買ったらすぐ使えるものと、
自分でパーツを選んで組み立てるもの(「NASキット」というらしい)の大きく分けて2パターンがあるらしいが、
後者でも決して難しいことはないようなので今回は後者を選択。
メリットとしては選択性と拡張性があること。将来的により大きなHDDに乗せ換えるとか。

到着
DSC_1759-1536x864.JPG
内容物はこんな感じ
DSC_1761-1536x864.JPG
これは・・・取説なのか・・・言語が全くない・・・LEGOブロックの説明書かと思った・・・
DSC_1762-1536x864.JPG

そしてここで悩む。取り付けようとしてるHDDはもともとノートPCに入っていた
2.5インチHDDなのだが、取説にも絵では描いてある2.5インチHDD用のアタッチメントが見当たらない。
うーむ・・・うーむ・・・
しばし悩んだが、結論付属はしておらず、別で購入しなければいけないらしい。。
まあ、HDDに大きさ違いがあることもよくわかっていなかった私では事前に気づきようもない。

困ったが、このHDD軽いし・・・なんかアタッチメント(台座)なくても大丈夫な気がする。
ということで・・・
DSC_1763-1536x864.JPGDSC_1764-1536x864.JPG
まあ、いけるでしょ。たぶん・・・(そのうち3.5インチのちゃんとしたのに取り換えよ・・・)

あとはこの「DS216j」とwifiルーターとLAN接続し、
「DS216j」のUSBポートに外付けHDDも接続し、
※ちなみにこの際、もうこれ以降は直接MacにUSB接続する選択肢は捨ててNTFSにフォーマットした。
ブラウザからちょちょちょいと設定してやれば完成!
これでファイルの大きさも、PCのOSも気にせずに
DS216j内のHDDに保存してあるデータ(②)もDS216jにUSB接続してあるデータ(①)も
wifiの電波(③)を介して使えるようになると!
nas.png
一度統合環境(DS216j)に集約して電波に乗せちゃえばフォーマット形式もOSも何も関係ないと!(そういうことよね??)

な~んて便利なんざんしょ。もっと早く知りたかった。

家庭内にNASなんていうとなんか大掛かりな気がしますが、
全然か~んたん。お勧めです。

ちなみにちなみに。
上↑で出てきた、美ら海水族館。美ら海水族館の有名な水槽「黒潮の海」の
動画がこちら↓です。でかいです。水槽のアクリルの厚さは60センチだそうです。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0