So-net無料ブログ作成

SONY「XBA-N3」買ってみた [イヤホン レビュー]

イヤホンに興味を持っている今日この頃。
SONY「XBA-N3」を買ってみた。

スポンサードリンク





-----------------------------------------------------------------------
【追記】
(ブログ)他のイヤホンと音質の違いを「見て」みた
-----------------------------------------------------------------------

ZERO AUDIOの「WHITE TENORE」を購入し、
「ふむふむ」と聴くも、ほかにろくなイヤホンを持っていないので、
イマイチ比較できず・・・
だったらいいのを買ってみようと思い、SONY「XBA-N3」を買ってみた。

ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



DSC_1853-1536x864.JPGDSC_1854-1536x864.JPG
ご立派な佇まいです。
DSC_1855-864x1536.JPGDSC_1856-864x1536.JPG

お高いイヤーピースとケースもついています。
DSC_1857-1536x864.JPG

DSC_1858-864x1536.JPG

「WHITE TENORE」と違うのは、より低音が出るな。
そして低音が充実することにより臨場感・迫力はより感じられる。
そして音に立体感がある。
おそらくそれぞれの音が埋もれずにしっかり鳴ってくれているんだろう。
よくオーディオ系のレビューに見られる表現でいう
「音の粒が立ってる」とか「分離がいい」とはこういうことなのだろう。

確かに高いだけあって「XBA-N3」のほうがいいと思うし、
これからも「XBA-N3」のほうをメインに使うと思う。
が、しかしこの「WHITE TENORE」と「XBA-N3」、
下手すると金額にして10倍(1/10)の差がある。

はっきり言って10倍の性能差があるとは・・・思えない・・・
やっぱすごいよ・・・「WHITE TENORE」

いや、もちろんにこの差に金額にして10倍の価値を見いだせる人もいるだろうし
それが決して悪いことでは当然ない。
ただ、こうして嫁と「歌ってみた」をやり始めたことでオーディオに興味を持ち始めたレベルの
ずぶのド素人には、「WHITE TENORE」で十分すぎるかもしれないなと。

とはいえ・・・「すげーよWHITE TENORE」「いけてるよZERO AUDIO」はそれはそれで
置いておいて、10倍の差を見出してみたい自分もいる。
ので、できることとしてとりあえずリケーブル用のケーブルも買ってみた。

ソニー SONY ヘッドホンケーブル MUC-M12SM2 : 1.2m ステレオミニプラグ MUC-M12SM2

ソニー SONY ヘッドホンケーブル MUC-M12SM2 : 1.2m ステレオミニプラグ MUC-M12SM2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



これでさらに「XBA-N3」がパワーアップするのか・・・楽しみだ。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0