So-net無料ブログ作成

音楽で。イヤホンで感動してみたい [初心者のDTM・音楽]

大したこだわりもないのに、
またイヤホンを物色している。

スポンサードリンク





家電量販店で1,000以下で売っているようなイヤホンでも特になにも不満を感じずに
過ごしてきた30年。
嫁と「歌ってみた」とかやりだしてちょっとオーディオに興味を持ち出し、
いくつかヘッドホンを購入してから、現在興味はイヤホンへ。


ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

ZERO AUDIO カナル型イヤホン WHITE TENORE ★ヘッドホンクリップ1個付 ZH-DX201-WT

  • 出版社/メーカー: ZERO AUDIO
  • メディア: エレクトロニクス


とりあえずコスパは最強と言われるこのイヤホン。
音が籠ることはなく、シャキッとしている。おそらく中高音寄り。
でも、低音も「重低音の存在感!!」というほどではないが、ちゃんと出ている。
バランスgood。ハウジングも小さくて軽くて邪魔にならない。
何も不満はない。


ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

ソニー SONY イヤホン XBA-N3 : ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


上記、「white tenore」の10倍弱くらいのお値段がします。
SONYの「XBA-N3」
「white tenore」でも不満はないが、そこはさすがほぼ10倍。
低音が充実し、音の広がりがよい。
なんというか物理的にイヤホンを付けている位置よりも外側からも音が聞こえてくる気がする。
リケーブルの楽しみもあって、これまた文句はない。

でも、また、イヤホンを買おうとしている。
候補は4つ。




AKGの「N40」。お値段としてはSONYの「XBA-N3」と同じくらい。
評判上々。AKGの最上位機種「K3003」の弟分。
「K3003」はそのお値段130,000円・・・これはイヤホンの値段なのか・・・
さすがに130,000円は・・・でも「N40」くらいならまあ、手は出せる。
憧れの最上位機種の血統を受け継ぐ弟分で、お値段手頃&リケーブルの楽しみも付加されて
興味津々。



AKG カナル型イヤホン リファレンスクラス K3003 【国内正規品】

AKG カナル型イヤホン リファレンスクラス K3003 【国内正規品】

  • 出版社/メーカー: AKG
  • メディア: エレクトロニクス


「それイヤホンの値段じゃないよ」「手が出ないよ」といいつつもちゃっかり候補になっている、
AKGの「K3003」。発売されてからもうだいぶ経つがそれでも今もなお、
最上位機種として君臨するレジェンド。
新しいもんが必ずしもいいとは限らない。テニスラケットと一緒。
リケーブルが出来ればおそらくこれを迷わずに買っていると思う。





SHUREの「SE846」。これも非常に評判がいい。
そしてネット上にも上記AKGのものよりもレビューも多く安心感がある。
低音のすばらしさに皆さん驚いておられる模様。
ただ・・・どうにもデザインが気に入らない。高級感がない。
いや、見た目じゃないのだが、100,000円のデザインではないような・・・


最後はカーブ?を



上記有名ブランドで決められないなら、もう思い切り違うところ&思い切り攻めた選択肢で、
この8BAイヤホン。
その名の通り、ドライバーを8機搭載!!!!!
ドライバーは多ければいいというものではないことくらいは知っている。
でも、「どうせなら」思い切り振りきってみたい。
これでだめなら「あ。自分の耳じゃ違いはわからないんだ」と思えるような。



そもそもなぜに不満もないのにイヤホンを買おうとしているのか?
それは音で「感動」してみたいのです。

よくイヤホンのレビューやなんかにかいてあるじゃあないですか。
「聴いて瞬間、全身鳥肌が立ちました」
「聴いているとついついにやけてしまいます」
「聴いた瞬間明らかな違いを感じました」
「このイヤホンの音を聴いて感動しました」

その感じを私も味わってみたい。

基本的にポジティブな感情が薄い私。
「楽しい」とか「おいしい」とか「嬉しい」とかいう感情が非常に薄い。冷めている。
そんな自分から一歩抜け出したくて、全身の鳥肌が立つような心揺さぶられる体験をしてみたくて、
それをイヤホンに今、託しているのです。

どれがいいだろうか・・・
どなたか教えてください。。。

スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

高岡 勝(タカオカ マサル)

初めてお便り差しあげます。
貴殿のブログを楽しく読ませてもらっています、有り難うございます。
私は現在30本ほどのイヤホンを所有しておりますが、感動するほどの音楽体験は正直 数例しか経験しておりません。
それは素晴らしい音質のイヤホンと そのイヤホンの性能・特性をフルに引き出せる曲を発見し、それとの組み合わせがドンピシャリ合致した時のみ可能だからです。どんなジャンルでもそこそこ聴かせる万能型のイヤホンよりも、すこし癖のある個性の強い機種の方が 相性の範囲は狭まりますが、心が震えるような経験ができる可能性が増えると思います。又、イヤホン選び以上に重要なのが曲の選択の様にも思われます。
私が気に入っている組み合わせをご紹介しますが、音楽の好みは人それぞれなので 貴殿の趣味に合いますかどうか?
(イヤホン)URBAN UTILITY UEHE-EP1(Amazonで現在2.921円) 
線の細いクリアーに伸びる高音域が素晴らしい。
(曲)サラ・ブライトマンの「Time to Say Goodbye」や「Anytime Anywhere」
 ※ Amazonの URBAN UTILITY UEHE-EP1の欄に2016年3月23日付け、「安全第一」のレヴュー名でレヴューを書いておりますのでご閲覧ください。
(イヤホン)final Heaven IV 臨場感と女性ヴォーカルにピッタリの伸びの良さが魅力。
(曲) ギリシャの女性歌手 ナナ・ムスクーリの「La Paloma」や「El Amor 」「 Even Now」
(イヤホン) final Piano Forte X-CC  クロム銅をくり抜いたハウジングの響きが凄まじい。値段も凄まじい。
(曲)カザフスタンのPops男性歌手(名前は不明) 「Ерке Есмахан & Төреғали Төреәлі - Алло」や「ТОРЕГАЛИ ТОРЕАЛИ - БАЙКОНЫРДАГЫ МАХАББАТ (премьера песни) 2016」「Торегали Тореали - Торешин Супер ХИТ! (Супер)」「Төреғали Төреәлі - Бол жанымда #2 (2016)」など など YouTubeにて試聴可能。  いかがでしょう?
by 高岡 勝(タカオカ マサル) (2018-01-04 22:51) 

うし

高岡様
コメントありがとうございます。
コメント頂戴していたことにまったく気づかず・・・御礼、お返事が遅れまして申し訳ありません。

正直、私はいまだに「感動」までには至っていません 笑
ただそんな中でも様々なイヤホンを比較し「お。これは・・・」というイヤホンごとの鳴りの違いを楽しんでいます。

おすすめもありがとうございます。
私もfinalのイヤホンには非常に惹かれるものがあります。ただ・・なかなか・・・ぽいぽい買える値段でも・・・ない・・・笑
いつかは「Piano Forte」も手にしたいとは思っているのですが・・・

おすすめいただいた中でも「URBAN UTILITY UEHE-EP1」は非常にリーズナブルなので、早速試してみたいと思います!

ありがとうございます!
by うし (2018-01-21 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0