So-net無料ブログ作成

あえての、XBA-N3をお安目ケーブルへリケーブルを試す [イヤホン レビュー]

現在の個人的No.1の座をYAMAHA「EPH-100」に奪われてしまった
SONYの「XBA-N3」

世間的な評判も上々だし、もちろんいいイヤホンなのであるが、
個人的にどうにも低音が潤沢すぎるのが気になるのだ。

そこで、あえて・・・お安めケーブルにリケーブルしてみよう。

そんなお話。

スポンサードリンク





「お安めケーブル」としてここでご登場いただくのは、
「KINDEN」さんの「KINDEN イヤホンリケーブル 4股手編み Y型




今使っているのは、SONY純正の「MUC-M12SM2

ソニー SONY ヘッドホンケーブル MUC-M12SM2 : 1.2m ステレオミニプラグ MUC-M12SM2

ソニー SONY ヘッドホンケーブル MUC-M12SM2 : 1.2m ステレオミニプラグ MUC-M12SM2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



せっかく10,000円以上出して買ったケーブルなのに・・・わざわざお安いのに変更とは・・・
何か・・・愚行な気がする。。。

でも何事もTRY
この「XBA-N3」は非常にパワフルでいいのだが、低音だけがどうにも気にかかる。
低音が潤沢すぎるのだ。「重低音大好きマン&ウーマン」にはいいと思うのだが、
比較的バラード系を多く聴く自分にとってはちょっと低音がしつこい。

ので、リケーブルして「あっさり」させられないかと。

Amazonさんでお安いケーブル。「KINDEN イヤホンリケーブル 4股手編み Y型」です。
DSC_1894-1920x1080.JPG
DSC_1895-1080x1920.JPGDSC_1896-1920x1080.JPGDSC_1897-1080x1920.JPG

イヤーピースが2つ付属しています。使わないと・・・思うけど・・・
DSC_1898-1920x1080.JPG


さあ!結論は・・・!


あまり変わらなかった。
ちょっとさっぱりしたか??というくらいの印象は持った気もするが、
そこまで変化は感じられず。

音質の変化を目で見てみると、
before = with 「MUC-M12SM2
xba-n3.png

after = with 「KINDEN イヤホンリケーブル 4股手編み Y型
xba-n3+kinden.png

ちなみに高音寄りと思われる(思ってる)、ZERO AUDIOの「WHITE TENORE」は
whitetenore.png

※いずれもperfumeの「TOKYO GIRL」、1番の平均値及びMAX値

やはり基本的に低音潤沢イヤホンのようだ。
しかし厳密ではないとは言え、結構低音の量が違うな・・・
もう一度聴きなおしてみよう。

それなりのお値段するわけだし、なんとか自分好みに飼いならしたいが・・・
難しい!!!!!



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0