So-net無料ブログ作成

ELECOM「EHP-R/CB1000」のイヤーピースを変えてみる [イヤホン レビュー]

先日レビューしたELECOMの「EHP-R/CB1000」。
非常に気に入ったので、より良くするために手始めにイヤーピースを変えてみた。

そんなお話。

スポンサードリンク





まずこの「EHP-R/CB1000」のイヤーピースを
取り付ける部分(「ステム」というらしい)、非常に太い。左から
ELECOM「EHP-R/CB1000」
SONY「XBA-N3」
KINERA「Bd005E」
NuForce Audio「HEM1」
DSC_1934-1920x1080.JPG
写真で・・・伝わるかな・・・
SONY規格のイヤーピースだと、内側のステムに挿す部分(ここの名前も調べたがわからなかった)が柔らかいものじゃないと挿し込めない。

あ~・・・合うやつないかぁ・・・と思ったら目についたのが
みんな大好きYAMAHA「EPH-100」の特殊な形をしたイヤーピース。
DSC_1935-1080x1920.JPGDSC_1937-1080x1920.JPG
こんな太くて特殊な形したやつ、このイヤホンに使えないと思っていたが、やってみると・・・
まさかのぴったり。
DSC_1933-1080x1920.JPGDSC_1932-1080x1920.JPG
ずんぐりむっくりのわがままbodyから突き出たイヤーピース・・・
なんか砲台みたいだ。
DSC_1930-1080x1920.JPGDSC_1931-1080x1920.JPG

なんか見た目がさらにトリッキーになって・・・個人的には気に入ったw

さて、肝心の音は?

透明感が一段増した。
もともとこもりとは無縁のイヤホンだが、さらに透明感が増した。
おかげで高音がさらに気持ちよく。特にちょっとか細い高音の響きが・・・たまらない。

装着感も良くなった。安定感が増しました。

ご興味があれば是非試してみてくださいm(__)m



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0