So-net無料ブログ作成

【レビュー】nuForce Audio「HEM Dynamic」~使用・音質編~ [イヤホン レビュー]

先日開封レビューを書いた、nuForce Audioの「HEM Dynamic」。
本日はその音質編レビューをお送りします。
nuforce audio HEM Dynamic

そんなお話。


スポンサードリンク





  • Amazon
  • 楽天






なかなかに世間様の評判も高い「HEM1」のダイナミックドライバー型(と位置付けている)
「HEM Dynamic」
nuforce audio HEM Dynamicnuforce audio HEM Dynamic

その音質について、ここはやはり「HEM1」との比較から。

まず、HEM1がBA型なのに対してこのHEM Dynamicはダイナミック型であるということからも
想像に難くないが、明らかに低音の量感は多い。
「HEM1のデザインや装着感は好きだが低音が物足りない~でもHEM2以上は買えない~」という方にははまるかも。

ただし、良いことばかりではない。そうは問屋が卸さない。それが人生。
低音が強化された代わりに(?)全体的にモヤモヤ感が強い。
「キレ」はHEM1のほうが上。とおもふ。

ただ、「HEM2」以上のイヤホンの音には「HEM1」よりもこの「HEM Dynamic」のほうが
近いと思う。
HEM1はあくまで例外的であって、このHEM Dynamicのほうが「nuForceの音作り哲学」的なものに
近いのかもね。
何かでHEM1は日本人(アジア人?)の音の好みに合わせてチューニングした的なことを読んだし。

このHEM Dynamicを聴いてもう一つ思ったのは、低音の量感・配分がSONY「XBA-N3」に似てるな。
ということ。
あくまで「配分」ね。「配分」。
キレや奥行表現等、総合的には1枚も2枚も3枚も・・・「XBA-N3」のほうが上手。
こうして比較してみるとさすがはSONYか。低音の量感とキレをより高い次元で両立させるんだから。
まあ、価格が違いますからね。勝負しろと言う方が酷ってもんで。
高ければいいってもんでも・・・ないけれど。

あとは低音の量感増自体は歓迎する人はたくさんいると思うので、
その低音の重心をもうちと低くしてくれるとよかったかなと。
ちと定位が高い。もっとこう・・・下から・・・グググ・・・っと・・・。
低音パワーアップ歓迎の方にとってはよりよかったでしょう。

低音の量感が多くなっても各音が比較的並列に横に並んでいる感じで、
特段空間の使い方がうまいわけでもないので、ちょっとガチャガチャした印象になることも。

結論・・・
「HEM1」と「HEM Dynamic」ならどっち!?
 →「HEM1」!!!!!

「HEM Dynamic」と「XBA-N3」ならどっち!?
 →「XBA-N3」!!!!!

じゃあ、このイヤホンは何がいいんだ!?

・・・

・・・

見た目。

見た目は好きよ。いや音も嫌いと言っているのではないのだよ。悪いと言っているわけでもないのだよ。
ただ「音の好み」という視点で相対評価してしまうと、Myイヤホン序列の上位には来ない。

来ないけど、見た目は好き。
なので、大事にしますよ。
他にも同じように見た目は好きだけど音は・・・なのも大事にしてます。
例えば「Primo 8」とか。nuForce Audioの。

あ。この括りnuForce多いな。
そしてなんかものすごく「Primo8」の値段が下がっている気がして・・・ちょっと悲しい。。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。