So-net無料ブログ作成

【レビュー】ELECOM「EHP-R/CB1000」~こいつ再考~ [イヤホン レビュー]

もう現行モデルではなくなってしまっている
このELECOMの「EHP-R/CB1000」

実は個人的にはあまり出番がなくなってしまって久しいのだが、
ひょんなことからまた手に取ることがありまして、
思ったことがあるので、筆を取ります。

そんなお話。

スポンサードリンク





こやつの個人的印象・評価は「音がドライ」




非常にドライな音で、クリア。

昔のブログを読み返してもそう書いていた。
読み返すとちょっと・・・派手に褒めすぎじゃないかという気もしたが・・・
まあ、熱量は多すぎたとしても嘘は書いていない。

でもですよ。その昔のブログではこいつの良いところを書ききれていなかったんだなと
今更思ったのです。

なにがいいかと言うと・・・

「空間の使い方」

一般的には「音場の広さ」というやつでしょうか。
横に、縦に、奥行に、非常にうまいなと思った。

私の大好きなMee Audioの「Pinnacle P1」は特に横方向の空間の使い方がうまいと
思っている。
このELECOM「EHP-R/CB1000」は横方向は「Pinnacle P1」ほどではないが
縦に、奥にと立体的な空間表現を感じる。
イメージ的にはこの丸っこい、ずんぐりとしたハウジングの形に合わせて球形に広がる感じ。


この「空間表現」ってやつを大事にしている私としては・・・
改めてELECOMやるなぁと感心した。

なぜその点に今まで気づかなかったのだろうか??
Myイヤホンランキング変更だ。

定価は15,000円ちょっとくらいだったが、今となってはAmazonで
5,000円弱に・・・
ご興味ある方は是非お試しくだされ。保証は・・・出来かねますけどね。

そしてELECOMの新しいイヤホンに興味が・・・買おうかなぁ・・・



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。